読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013ー14 SKI (2シズーン目) 〆。

 

f:id:ecco16:20140525221012j:plain

スキー2年目 〆は鳥海山
すんごく楽しく滑った
今シーズン 一番の滑りだったかもしれない
前歯乾いちゃうぐらい笑って登って滑った


一日目
結局この日が〆の日だった

前夜出発して
道の駅で車中泊 3時間程仮眠
24日から夜間通行止め解除の
鳥海ブルーライン
吹浦口方面を目指す
ゲートに着いてみると・・・あいてない
そうね そう言う事ね
近くの空き地でシールつけたりして準備

ゲートは20分程早めにあいた
一番最初に待ってたけど一番最後に通過して
いったんビジターセンターでトイレを済ませてから
吹浦口に駐車

雪はたっぷり残っていて
最初からシールオン
ほとんどの行程 最後尾を歩いたんだけども
自分のペースで歩けたからか辛さは全くなかった
2度休憩を挟んで鳥海湖近くへ
本日はここまで
風が強かったからカラダ冷やさないようにすぐ滑走準備

ここからが楽しかった
今日が〆になるかもしれない というのもあったし
やっぱり日本海めがけての景色が最高だったからか
ビビリは全くなくって
バックカントリーというのを忘れて
ゲレンデ的滑走でひゅーひゅー滑った
もうフォームとかどうでもいい!
そしたらすごく気持ちがよかったああああ
調子こいて滑ったら降り口少しだけ間違えて
道路を5分程歩いて駐車場に到着
とにかく 最高でした


下山後 フォレスタ鳥海でお風呂
更に下山して道の駅やらで食材調達
暗くなる前に祓川の駐車場に移動
一番上の駐車場はテント禁止らしく
二番目の駐車場でテントを張った
がしかし とにかく強風というか暴風
テントに板やらザックを盛りだくさん詰め込む
車の中で お鍋やらつついて割と早めに就寝
ちなみに男子2名車中泊 女子2名テント

夜中 風の音とテントの揺れで目が覚めるも
アライテント 強い子でした 問題なしー
が どうも気になる音
通気口から隣のテントみてみると
外で重りにしていたはずの荷物が明らかに吹っ飛んでる

慌てて外でて吹っ飛んだ荷物を回収
テントの女子に声をかけると 寝ぼけ眼
強いなこの子 笑っちゃったよ
フライがフライの役割果たしてないけど中大丈夫だったの?

車中泊のお兄さん達に声かけて テントやら撤収
これ 夜中の2時ぐらい
ついでに自分も中に入るか?と聞かれて
即答で YES!
風 やんでくれないと明日登れないよ
と思いながら就寝


朝 6時前 目が覚めたけど
全然風がやんでいない やんでくれないかなー

二度寝後の8時前 耳を澄ますけど
やっぱり風がやまないね 暴風

ぼちぼち 朝食
鳥海山ながめみると 数人取り付いている
鳥海山てっぺんは どう見ても風が強そうだった

自分たちはというと
駐車場でスケート遊び
調子のってすっ転んだものの
それでも楽しくて わりと長い時間遊んでた
スケート欲しくなってしまった
そのうち風やんだけどね やっぱり登らなかった

また フォレスト鳥海でお風呂入って
(擦り傷めっちゃイターーい!)
酒田で御飯たべて 帰宅でした

ありがとうございました