読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKI CAMP (PPYKSC) 。

f:id:ecco16:20140211210821j:plain

初心者向けバックカントリーキャンプに参加した
終わってさいご
次にわくわくしている自分がいたから

だから 結果オーライ !!

 


 

f:id:ecco16:20140211210819j:plain

一日目

もう今シーズンは山に入らないって本気で思った

歩いて滑って一通り終えて下山する手前で
お姉さんに会った 偶然 びっくりした
「周りが上手いんだよ? ノリだよノリ〜」
っていつもの調子でお姉さんが言ってくれたから
本当にほっとした また明日頑張れるって思った
お姉さんありがとう 女神だね

夜になって 何度か会ったことあるS夫妻
「上手く滑れなくて 周りを待たせてしまってるって焦って
 凹んじゃうんだよね でもみんな通る道だからさ 大丈夫だよ
 そのうちこけ方もうまくなっていくからさ」
って また ほっとした

アウェー感を勝手に感じているのは自分だけだったかな
やさしーなあ

 


 

f:id:ecco16:20140211210820j:plain

二日目

ちょっとだけわかってきたよ
みんなが行くラインも良いけど
ウチは少しユルい斜面でゆっくり滑ります
前回こけまくったツリーランも
おかげで今回は楽しめたよ

沢のボトムでとまっちゃ行けない
止まっちゃいけない所でこけた
「もたもたしない」
「下山力を付けて下さい」
厳しいお言葉だけど そうなんだ

何度もこけた
その度にスタッフさんがかけつけて起こし上げてくれた
自分の力量で参加すべきでは無かったんではないかって思った
沢山 迷惑かけてしまった
けど ゲレンデ滑るだけじゃわからない事
もっともっと滑り込まないといけないって事
身をもって理解した

守られているゲレンデ内ならもっとトライしたい
滑るチカラ付けないと 山じゃ本当に生死に関わる
もっと楽しく自由に山を駆け回りたい
素敵な景色をもっと見たい 肌で感じたい 撮りたい 食べたい
けど 一つひとつ積み重ねないと届かないね きっと
届く所から まずはひとつ その次に十ぐらい その次にその先を
焦らず 今出来る事を 丁寧にこなして行こう(・・・焦るけどね)

 


 

戻る前の先輩と呑んでいる時に
「電話してやるから行ってこい 鍛えてもらってこい」
っていう具合で直前だったけど今回のキャンプに参加させて貰う事になった

こうやって ウダウダしている自分に
カツ入れてくれる先輩やお兄さんがいてくれるから
自分は本当に恵まれているなと思う

先輩にもらったゴーグル
お兄さんがくれたグローブ
お守り代わりにつけてった
そんなキャンプでした

今週末は白馬いきますからね いぇいっ
かりかりでも雨でも何でも良いよ
ヒューヒュー滑りまくりたい