読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくり山荘泊、唐松岳。

f:id:ecco16:20131014224318j:plain

山で一晩過ごして戻ってくると 
滞在時間以上の時間を過ごしたような 
いつもそんな気分 
今回は山荘泊だったから 
余計にそう思えたのかもしれない 

唐松ツアー 
今回はガイドさんと一緒 
あともう一人のメンバーさんと 
計3人での山歩き 

ガイドさんと歩く機会 
これとこれとこれを教えてもらいたい 
とかではなくて 
ただ見たかった ガイドさんの行動を 

言葉以外で吸収できたことの方が 
たくさんあった気がする 
(ちょっとしたトラブルもあってね) 

たくさんの景色もゆっくり味わえた 
北側が白く南側が紅葉の五竜 
灰色が増えた不帰方面 
それまでのもやがすぱんと晴れてみえた夕焼け 
山荘付近から見下ろす夜景(長野のまちも富山のまちも!) 
それからご来光 
朝焼けで少しずつピンクがかる山々 
こういう景色って 
いつか見慣れたものになってしまうのかな 
それともずっといつも感動していられるかな 
なんて思ったり 
誰かの思わぬ言葉に少しびっくりして感動したり 

最近ひとりばかりだったから 
誰かと山を一緒に過ごせるのは嬉しかったなあ 
今回の山歩きは 
なんだか本当によく笑わせてもらった 
あー楽しかったあ 

いやしかしガイド料払ったんだし 
へらへら笑っていないで 
もっとがっついて聞くべきだったのかしら 
なんてね