読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心に返ってグーポン滑り。

f:id:ecco16:20130517202906j:plain

前夜 
Craig Kellyと浅川さんの映像 
少しだけでも滑りたくてAMちょっとだけ神楽へ 
Craigにも浅川さんにもなれなかったが 
楽しかった 

ここか? 
いやここか? 
ここっぽいなあ 
こうか? 

あれこれ探りつつ 
何となああああくなところで終了 
たぶん 
へその下の奥が突っ張る感じが良いみたい 


下山してお店のドアをノック 
「浅川さんになれる板はどんなのですか?」 

店長さんチョイスの板は2種類 
説明を聞いているうちに 
脳内オーバーヒート 

何を重要視するか? 
とにかくスキー自体の重量を軽くしたい人もいる 
走る板が欲しいとか 
カービングの抜け感とか 
安定性だとか 
操作性だとか 
人によって色々だよって。 

フルロッカー? 
キャンバーロッカー? 

キャンバーが無いと滑りに甘えが出る気がするから 
キャンバーのある板をと思っているんだけども 
「フルロッカーでも踏める踏めないは同じ事 
そもそも乗り手の技術だから」 
って ですよね ですよねえ・・・ 
「操作しやすい板で自分の位置を見つけるのも 
ステップアップに繋がると思うよ」 
なるほど。 

* 

スキー始めるのが遅かった 
近道探しはしていないけど 
なるべく無駄足は踏みたく無い 
板どうすんのーもー 
・・・先のこと考えるとぐるんぐるんするから 
ごく目の前のものに焦点当てとこーかな 

乗ってみたいのはフルロッカー 
なんか“ノリ全開”なイメージがするから。